成年後見制度とは

認知症や知的障害、精神障害などで福祉サービスの契約や預貯金の管理などが困難な方のために、権利や財産を保護し、支える制度です。具体的には、依頼者の代わりに物品を購入したり〈代理権〉、売買契約などの破棄を行ったりして〈取消権〉、依頼者が不利益を被らないよう支援していきます。

成年後見制度には【法定後見制度】と【任意後見制度】の2種類があります。

ここでは【任意後見制度】について詳しく説明していきます。 ▶【法定後見制度】についてはこちらから

任意後見制度 = 本人の判断能力が衰える前に利用できる制度

判断能力が衰える前に、あらかじめ選んでおいた後見人と契約し、財産管理や身上看護などについて安心した老後を迎える準備をしていきます。


老後を安心して過ごしたいあなたのための制度です

自分が元気なうちに、自分自身で老後のことを決めておきたい

老後に一人暮らしになっても、静かで安心した生活を送りたい

老人ホームに入居する手続きや支払いなどの代行を今すぐお願いしたい

アルツハイマー病が発症してしまった

現在は一人暮らしだが、自分の意思で悔いのない人生を送りたい

悪質な訪問販売などに狙われたくない

財産管理のトラブルに巻き込まれたくない

高額なのに不要な健康器具などをついつい買ってしまう

このような状況でお困りの方は、

ののがき司法書士事務所までお気軽にご相談ください!